賃貸物件選びの流れ

それでは、実際に賃貸物件を探す際には、どういった手順に沿って進めていくのが良いかを紹介しておきたいと思います。
まずは、何よりも優先するべきこととして、希望の家賃を決めておきます。
物件探しの予算です。
一般的に、賃貸物件を借りるさいの家賃の金額として適正なのは、毎月の収入の3分の1程度だと言われています。
手取りの月収が24万円の人なら、家賃は8万円までに納まるように予算を決めておくと良いでしょう。
ただし、賃貸物件探しの段階で自動車ローンなどを抱えているという人は、その分も考慮して決めておいた方が良いかもしれません。
また、先ほどの例では24万円の月収なら家賃の上限は8万円程度と言いましたが、賃貸物件に入居すると家賃以外の費用がかかることもあります。
例えば、駐車場代は別に必要なケースも多いですし、管理費や共益費を家賃とは別に徴収されるケースもあります。
そういった費用も全て含めて○○万円までという予算を決めておきます。
予算がある程度決まったら、次は具体的にどういった物件が良いのかを検討していきます。
まずは、思い浮かぶ希望条件からメモなどに書いていきましょう。
そして、ある程度希望条件が出そろったら、その条件に優先順位をつけていきます。
例えば、最寄り駅は○○駅、間取りは○LDK、周囲には学校がある、メゾネットタイプの賃貸物件が良い、収納スペースが多い、物件の近くに駐車場があるといった物件の条件を書き出していきます。
そして、まずは絶対に譲れないという条件に印をつけます。
次に、どうしても無理なら条件から外しても良い、できるなら条件を満たした物件が良い、といったように、徐々に条件のランクを下げて番号をつけておきましょう。
このように希望条件を明確にして、妥協できるポイントを把握しておくことで、実際に物件探しを始めてからの進行がかなりスムーズになります。
また、家賃や間取り、最寄り駅といった条件に関しては、ある程度の幅を設けておくことも大切です。
あまりにピンポイントで条件を設定していると、不動産業者に条件を伝えたあと、紹介を受けられる物件数が減ってしまう可能性があります。
「○○駅から○○駅の間」、「2DKから1LDK程度の間取り」といったように、幅を持たせて条件を設定しておくと、見つけられる物件の数が多くなるでしょう。
こういった条件を設定できれば、賃貸物件情報誌やインターネットの賃貸情報サイトを活用して、物件探しをはじめていきます。
Copyright (C)2017広い!今注目の賃貸物件〜戸建て・メゾネット〜.All rights reserved.