賃貸物件のよくある疑問

実際に不動産業者を回って希望に合った賃貸物件を見つけることができれば、次は入居のための申し込み手続きに進みます。
今までに何度も賃貸物件を借りたことがある人なら、その流れは知っていると思います。
しかし、はじめて賃貸物件を借りる場合には、少し手続きの中でわからないことが出てくるかもしれません。
そこで、ここでは賃貸物件の手続きを行っていく中で、多くの人が感じる疑問について紹介していきたいと思います。
まずは、賃貸物件と言えば思い浮かぶ、敷金と礼金についてです。
このお金は、一体何のために支払うのでしょうか。
まず、敷金とは、賃貸物件を借りる際に、その物件を管理している管理会社や大家に対して、預けておくお金です。
大家や管理会社は、入居者に対して部屋を貸しますが、もしもその入居者が家賃を支払わなければ、大きな損害を被ることになります。
それを防ぐために、あらかじめ保証金として敷金を預かり、万が一家賃の滞納が続いた場合などは、敷金から家賃を補填することになります。
また、この敷金は本来は預けているお金です。
そのため、入居者が退居することになれば、家賃の滞納補填などに使用されていない限り、敷金は返還されるべきものです。
しかし、賃貸物件を借りると、退居の際には原状回復が原則となっており、原状回復のために費用がかかる場合には、敷金から引かれるケースもあります。
この敷金の返還と部屋の原状回復を巡っては、入居者と管理会社や大家の間でトラブルが起こることも珍しくありません。
入居の際には、敷金の返還や原状回復について、必ず詳しく確認しておきましょう。
また、多くの人が疑問に感じるのは、賃貸物件に加入する場合の火災保険についてではないでしょうか。
不動産業者で賃貸物件への入居手続きを行うと、その手続きの中で火災保険への加入を求められます。
賃貸物件に入居する場合には、必ず火災保険への加入が必要となりますので、きちんと加入するようにしましょう。
管理会社によっては火災保険会社の指定がないケースもあるようですが、その場合でも自分で火災保険会社を探して、賃貸契約の年数に応じて加入しておく必要があります。
不動産会社や管理会社から紹介される火災保険会社を使用した場合、保険料が割高になってしまうことも多いようですので、保険会社の指定がないのであれば、自分で保険会社を調べて加入した方が、少し手間はかかってしまいますが、保険料は節約できるかもしれません。
Copyright (C)2017広い!今注目の賃貸物件〜戸建て・メゾネット〜.All rights reserved.