物件探しの落とし穴

不動産会社や管理会社のミスなのか、それとも悪意を持ってそのような行為に及んでいるのかは判断できませんが、物件探しをしていると思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。
例えば、賃貸情報誌を見ていて気に入った物件があったため問い合わせをし、下見をしても問題がなかったため契約を決めたところ、契約書には物件の更新料や不動産会社に支払う物件の仲介手数料が必要だと書かれていた。
賃貸情報誌にはそういった記載がなかった、というケースがあります。
実はこれは非常に多い落とし穴で、賃貸物件情報誌に掲載されている情報だけが、全てだと思ってはいけないのです。
賃貸物件を借りるためには家賃以外に色々なコストがかかることもあります。
そういったコストに関して、賃貸物件情報誌ではページレイアウトの関係などのために全ての情報を網羅できていない場合も多くなっています。
入居申し込みの手続きをする段階では、不動産業者から諸費用に関する説明を必ず受けます。
少なくとも契約書には記載されているはずですので、注意していればその段階では気付くことができます。
しかし、気に入った物件があり、下見をして、契約の手続きに入るまでには、時間も手間もかかってしまいます。
別の気になる物件が、その間に埋まってしまう可能性もあるのです。
そのため、こういった諸費用に関しては賃貸物件情報誌だけを頼るのではなく、不動産会社に物件の問い合わせを行う段階で、しっかりと確認しておきましょう。
また、賃貸物件の広告の中には、おとり広告が混じっている可能性があります。
おとり広告とは、実際には存在しない物件や、既に入居者が決まっている物件を、あたかも現在も入居者募集中であるかのように掲載している広告のことです。
実際には入居できない物件ですから、家賃などの入居条件に関してもデタラメで、集客のために家賃を非常に安くみ見せているおとり広告もあります。
こういったおとり広告は法律違反ですので、おとり広告を出している不動産会社は利用しないようにしましょう。
おとり広告を見て不動産会社に連絡をしたところ、「たった今、全て埋まってしまいました」と返答される場合があります。
そう言われたら、おとり広告を疑ってみた方が良いかもしれません。
ただし、賃貸情報は入れ替わりが早いものでもあります。
そのため、もしかすると実際に問い合わせの直前に物件が埋まってしまった可能性もあります。
おとり広告だったのかどうか、わからないという場合には、一度思い切って不動産業者に足を運んでみるのも一つの方法かもしれません。
Copyright (C)2017広い!今注目の賃貸物件〜戸建て・メゾネット〜.All rights reserved.